HOME >  Research  >  調査研究プロジェクト

調査研究プロジェクト

1.Research Division

Director

・Oleg Vikhanskiy
Dean, Lomonosov Moscow State University Business School, Moscow State University, Russia

Deputy Director

・上西 研
山口大学大学院技術経営研究科長

2.Joint Research Projects

Project-7:-ABEST21 Asia Quality Assurance System Model-

Director

・Fumio Itoh
ABEST21

Committee Chair

・Ruslan Prijad
Associate Professor, Faculty of Economics, Universitas Indonesia, Indonesia
・Sujinda Chemsripong
Dean, Faculty of Business, Economics and Communication, Naresuen University, Thailand
・Nury Effendy
Dean, Faculty of Economics and Business, Universitas Padjadjaran, Indonesia
・Ali Khatibi
Dean, Faculty of Business Management & Professional Studies, Management & Science University, Malaysia

Research Project 7は、平成24年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業として「分野別大学評価の海外展開に関する調査研究」のテーマで、平成24(2012)年7月27日~平成25(2013)年3月29日、日本、タイ、マレーシアそしてインドネシアの高等教育の質保証制度の実態調査を行ったものです。各国における教育の質保証制度について調査研究を行い、ビジネススクールがマネジメント教育のグローバル化及びコンソーシアムの構築を求めて、大学間連携及び産学連携を推進する場合にその前提となるのが教育の質保証です。21世紀の経済のグローバル化の時代的要請に応えていくためには、アジアの世界に通用する高等教育の質保証制度・評価制度についての調査研究を実施し、この調査研究に基づいてアジアの評価システムモデルを開発し、”Developing ABEST21 Asia Quality Assurance System Model”として発表いたしました。

Project-6: Fuji Xerox-CSR Case Writing

Director

・Takeshi Hibiya
Audit & Supervisory Board Member, Fuji Xerox Co., Ltd., Japan

Committee Chair

・Siriwut Buranapin
Dean, Faculty of Business Administration, Chiang Mai University, Thailand
・Azlan Amran
Associate Professor, Graduate School of Business, Universiti Sains Malaysia, Malaysia
・Arief Daryanto
Director, Graduate Program of Management and Business, Bogor Agricultural University, Indonesia
・Yuji Maeda
Professor, Institute of Business and Accounting, Kwansei Gakuin University, Japan
・Warat Winit
Faculty of Business Administration, Chiang Mai University, Thailand

Joint Research Project-6は、2013年度プロジェクトとしてFuji Xerox社との産学連携によるCSR-Case Writingのプロジェクトです。このCSR-Case Writingは、文化的・社会的・経済的背景を異にする日本とFuji Xerox社の現地法人があるタイ、マレーシアそしてインドネシアにおいて、Fuji Xerox社が直面するCSRの問題についてCase Writingするプロジェクトです。開発されたケースはABEST21会員の共有教材として使用されていくものです。産学連携によるマネジメント人材育成に必要な教材作成のモデルになると思います。

Project-5: Developing Asia MBA Curriculum

Joint Research Project 5は、「アジアのMBAカリキュラムの開発」の国際合同調査研究プロジェクトを10ヶ国14校の協力を得て推進してきましたが、その調査研究の結晶として“Enhancing the Quality of Business Management Education in a Globalized World” (ISBN 978-4-905204-01-5)がこの2月28日に出版(非売品)されました。この調査研究成果はこれまでの「ビジネススクールの教育に対する企業ニーズ」、これを踏まえてのビジネススクールの教育で期待される「マネジメント人材に求められる能力」、そしてその延長線上でのマネジメント人材育成のカリキュラム開発を「アジアのMBAカリキュラムの開発」として企画された調査研究です。この調査研究によりアジアの大学間交流が促進されていくものと確信しています。

Project-4: Competencies of Management Professionals

Joint Research Project 4は、文部科学省平成21年度「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」の「マネジメント教育プログラムの質の共有化と相互評価システムの開発」の一環として実施された「マネジメント人材の力量」についての調査研究です。この「マネジメント人材の力量」の調査研究は、アジア諸国の8ヶ国13大学のビジネススクールの協力により行われた調査研究の分析結果で、全体的な分析と国別分析を内容としています。「マネジメント人材の力量」の調査に際して、教員、在籍MBA学生、MBAホルダー、そして企業人事担当者を調査対象として、“どういう力量が求められるか”、またMBA教育の期待値と観測値のギャップ分析等をしています。すべての統計分析は大学共同利用機関統計数理研究所にお願いいたしました。調査研究成果は”Competencies of Management Professionals”(ISBN978-4-905204-00-8)として、2010年10月にABEST21より出版されました。

Project-3: Case Studies on Quality Assurance of Business Schools in Asia

Joint Research Project 3は、多元・多様な事例の集積のために、わが国の経営分野専門職大学院の認証評価の事例を集積し、認証評価システムの改善に資する検証を行ったものです。各専門職大学院の自己点検・評価を支援するメンターシステムのあり方、認証評価計画の作成に臨む各大学の意識改革、また、PDCAサイクルによる認証評価の課題を整理したものです。

Project-2: Improving the Quality of Management Education

Joint Research Project 2は、ビジネススクールの教育に対する「企業ニーズ」についての国際アンケート調査を実施したものです。この国際アンケート調査は、アジア太平洋7カ国、日本、韓国、ロシア、中国、タイ、マレーシア及びメキシコの各国において、同一質問事項をその国に本拠を置く企業を対象に実施したものです。

Project-1: Case Studies on Quality Assurance System in Asia

Joint Research Project 1は、アジア太平洋7カ国のビジネススクールの認証評価システムの実態調査をしたものです。調査研究は、各国事例のより一層の集積による認証評価システムモデルの開発)日本、韓国、ロシア、中国、マレーシアそしてメキシコの各国の「ビジネススクールの教育と認証評価システム」について、教育制度の相違による認証評価システムの差異について研究調査を実施してきた。

3.委託事業

2012年度委託事業

平成24年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業

  • 調査研究テーマ:「分野別大学評価の海外展開に関する調査研究」
  • 事業期間:平成24(2012)年7月27日~平成25(2013)年3月29日
  • 委託事業の調査結果:Developing ABEST21 Asia Quality Assurance System Model”
  • 調査結果の内容:この委託事業は分野別評価の国際展開を視野に入れて日本、インドネシア、マレーシア及びタイの教育の質保証制度の実態調査研究に基づいてアジアに通用する質保証システム、ABEST21 Asia Quality Assurance System Modelを開発しました。

2007年度委託事業

平成19年度文部科学省大学評価委託事業

  • 調査研究テーマ:「多元・多様な事例の集積・提供と国際的な認証評価システムモデルの開発」
  • 事業委託期間:平成19年10月1日~平成21年3月31日
  • 委託事業の調査結果:、Improving Quality of Management Education(ISBN978-5-903148-31-8)(2008年11月17日)
  • 調査結果の内容:ビジネススクールの教育に対する企業の期待と観測についての国際アンケート調査を実施し、その国際調査研究結果に基づきビジネススクールの教育の質維持向上を図る評価基準、評価方法、判定方法、評価結果、評価員の研修方法等の改善に資する認証評価システムモデル開発に関するデータを収集し、モデル開発の素地を築いた。その結果は、2008年11月17日にImproving Quality of Management Education(ISBN978-5-903148-31-8)として発表しました。

PAGE TOP