HOME >  Accreditation >  認証評価セミナー

認証評価セミナー

Maintenance Accreditation Seminar 2013

 2013年5月17日(金)、南青山会館において高森寛委員(Chair, Peer Review Team)を迎えて、維持評価のセミナーが開催されました。維持評価は2009年3月に初審評価を受けた認証校が2014年3月で5年の質保証期間を終了するので、その認証の更新を求めて受審する認証評価です。すなわち第二周目の認証評価です。維持評価は初審評価の5年間における教育の質維持向上を前提として、グローバル化に対応した認証評価に向けてのオリエンテーションがなされました。

Initial Accreditation Seminar 2013

 2013年5月20日(月)、マレーシア・クアラルンプールのManagement and Science Universityにおいて、Accreditation Seminar 2013が開催されました。セミナーは、インドネシア、マレーシアそしてロシアの受審校10校の参加があり、評価項目、評価プロセス及び状況分析等について下記のAccreditation Divisionの委員より詳細な事例にもとづいた説明が行われました。

Opening Remark: Dr. Fumio Itoh (ABEST21 President)

  1. ABEST21 Peer Review System
    Dr. Ruslan Pridjadi (Vice Chair, Accreditation Committee, Universitas Indonesia)
  2. “Mission Statement”
    Dr. Arfah Salleh (Vice Chair, Peer Review Committee, Universiti Putra Malaysia)
  3. “Educational Programs”
    Dr. Ruslan Pridjadi (Vice Chair, Accreditation Committee, Universitas Indonesia)
  4. “Students”
    Dr. Ali Khatibi (Chair, Malaysia Network Committee, Management & Science University)
  5. “Faculty” and “Staff and Infrastructure”
    Dr. Ming Yu Cheng (ABEST21 Executive Secretary, Universiti Tunku Abdul Rahman)
    Closing Remark: Dr. Ming Yu Cheng

PAGE TOP