HOME >  Global knowledge Network  > Local Conference

Local Conference

Shenyang Conference 2014

2014年6月19日~21日、中国瀋陽市に所在の東北大学工商管理学院でABEST21 Shenyang Conferenceが開催されました。約20名の参加者があり、先ず、東北大学工商管理学院のDean Qinhai Ma教授により開会の挨拶が行われ、続いて基調講演としてQingwei Meng氏(Director of Shenyang Employment and Human Resources Services Bureau)が”The Demand of Professional management Personnel and Research on Management Personel Training in Laoning Province”のテーマで、中国の急速な経済成長に伴い産業社会で求める人材像が大きく変わってきていることを話されました。工場見学では、BMWとの合弁会社であるBrilliance Automobile Companyを訪ね、各工程について丁寧な説明を受けました。

Chiang Mai Conference 2013

2013年7月4日(木)~ 6日(土)、チェンマイ会議が3日間にわたりタイ国チェンマイ市に所在するChiang Mai University で開催されました。第一日、2013年7月4日(木)、チェンマイ大学主催の歓迎会がナイトサファリーで行われ熱帯夜行性動物の生態を間近で観察してきました。第二日、2013年7月5日(金)、基調講演では、「Philosophy of Sufficiency ・and Its Implications on Management Education”についてSooksan Kantabutra博士(Mahidol University)講演されました。CSR-Case Writingでは、各国の研究担当者、Dr. Yuji Maeda (Kwansei Gakuin University,Japan)、Dr. Azlan Amran (Universiti Sains Malaysia, Malaysia)、Warat Winit(Chiang Mai University, Thailand)、そしてDr. Arief Daryanto(Bogor Agricultural University, Indonesia)より、それぞれの国における富士ゼロックス株式会社のCSRについての調査研究発表が行われました。Joint Research Project-7の発表では、伊藤理事長よりAsia Business Accreditation System Modelについて詳細な内容説明がなされた後に各グループに分かれて討議が行われました。第三日、2013年7月6日(土)、朝7時からキャンパスで新入生の学部カラーのシャツを着てのWitness Suthep Hill Trekkingの出発式に参加し、学生たちを見送りました。

Bandung Conference 2012


2012年7月10・11日、インドネシア・バンドン市のTechnologyとUniversitas Padjadjaran の後援で、開催されました。2012年7月10日(火)、バンドン市郊外のKarawang工業団地にあるPT. Toyota Motor Manufacturing Indonesia (TMMIN)を訪問いたしました。PT. Toyota Motor Manufacturing Indonesiaの研修センターで、秋山守氏 (Vice President Director, AP Regional Officer)よりインドネシアにおける現地人材の育成についてご講演をいただきました。2012年7月11日(水)は、Sheraton Bandung Hotel & Towersで、

講演1:「ABEST21 Accreditation Systemについて」
 ・Professor Ruslan Prijadi
講演2:「Joint Research Project-6
(教材ケースの開発)について」
 ・Professor Ming Yu Cheng
講演3:「Joint Research Project-7(アジア評価システムモデルの開発)について」
 ・ABEST21理事長
講演4:「School Presentationについて」
 ・Universiti Malaya

Kuala Lumpur Conference 2011


2011年7月8日と9日、マレ-シア・クアラルンプールのManagement and Science Universityで、Kuala Lumpur Conference 2011が開催されました。第1日においては、「グローバル人材の育成」をテーマに、日産自動車株式会社人事本部アジア人事グル-プ担当部長の高林孝吉氏より”Global Talent Management in Nissan”について、Sony Electronics Asia Pacific Pte.Ltd. 社長の上村成彦氏より”Diversified and Globalized: the talent changes facing Sony”について、そしてRHB Islamic Bank, BerhadのCEOであるTn Hj Abd Rani Lebai Jaafar氏より”Global Talent Management in RHB”について、それぞれ基調講演をいただきました。Research Projectのセッションでは、Project-5の「MBAカリキュラム開発」のアンケート調査結果について、Project-5 ChairのProfessor Ming Yu Cheng より調査研究結果の発表が行われました。第2日は、メンバ-校によるマネジメント教育プログラムの紹介が各会員校より行われました。

PAGE TOP